デュピクセントを自分で注射してみた詳しくはこちら

喘息で死にかける

目次

喘息とは?

めっちゃ苦しい!
気管支喘息
  • 慢性の気道炎症(好酸球性炎症が典型的)
  • 気流制限
  • 呼吸困難、喘鳴、咳など

呼吸器症状をきたす症候群である。

自身が体験した喘息の症状

  • せきが出る
  • 嘔吐
  • 気道が狭い感じがする
  • たんが出る(白っぽい)
  • ゼイゼイ音がする
  • 息苦しい
  • せきが出すぎて吐く
  • 声がかすれる
  • 寒冷地での運動や作業でも発生

ひどいときは咳が酷すぎて吐いてしまうほど。もう息ができないから本当に死にかける。だんだん悪化して熱も高くなり、困って呼吸器科の先生のところに初めて相談。すぐにステロイドの点滴で対応していただき、九死に一生を得る。(やや言いすぎか?)このとき、嗅覚障害もあったが点滴後の数時間はビックリするほど嗅覚が戻ったことを鮮明に記憶している。咳も点滴してるときから落ち着いてきて非常に楽になった。その後は錠剤のステロイドを二週間続けてかなり症状は抑えられた。それでも喘息は完全には収まらず、良い悪いを繰り返す。

こんな感じでしたが、デュピクセントを注射したら、私の場合は一回でほぼ症状はなくなりました。1回ですよ?あんなに喘息のしつこいゼイゼイが!ステロイド以上に効いた感は強いです。ステロイド中はなんだか体がす~す~して変な感じ。デュピクセントは全く違和感などないですね

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる