MENU
デュピクセントを自分で注射してみた詳しくはこちら

令和4年4月 まとめ

  • URLをコピーしました!
目次

最近の症状

好酸球性副鼻腔炎に関しては「全く生活に支障なく過ごしています」

強いて言えば、独特の海苔のような「粘り気のある鼻汁」、もしくはそれが乾燥したものがあるのみ。初期に比べて1~2割も出てない感じがします。ポリープの大きさと比例しているような気がします。

一番辛かった喘息は全く問題ありません。走っても、寒い日でもおかしいと感じる事はなくなりました。

声のカスレも無くなりました。

嗅覚は自身では異常を感じることはなく、常に臭いはします。

ポリープは1~2割残存しているが、改善傾向にあると感じます。(内視鏡検査で確認)

嗅覚を取り戻すことにかなり時間を要した

未だに完璧な嗅覚の状態ではないかもしれません。

検査で嗅覚の回復が認められましたが、良い時も悪い時もあり安定しない状態が多かった印象です。嗅覚は臭いがしなくても自分では気がつかない事が多いので自身での正確なデータを取りにくいとも感じました。

最近になって毎日安定した嗅覚の状態を保っています。夏から秋にかけて調子が悪いことがほとんどですので、春の今は調子がいいだけかも知れません。

デュピクセントの回数について

今は4週間に一回ですがこれからどうしたらいいのか分かりません。

医師も前例が少ないので判断がしにくいといった印象です。

デュピクセントは料金が高いので減らせればお財布にも優しいです。今後は少しずつ間隔をあけてみる事を医師に相談してみる予定です。

変化があればまたアップします。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次
閉じる